Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

激変のハブ軸交換

昨日、バーエンドミラーを付けると同時に、ある大きな変更を行ったと書いた。

実は、ハブ軸の交換をしたのである。

ハブ軸とは、自転車の車輪の中心軸のことである。

 

以前にホイールを通販でYサイクルから買ったところ、前輪がゴリゴリ言うので調べたらベアリングの鋼球が抜けていた、という記事を書いた。

で、鋼球は不足分を自分で補充してグリスアップして使っていたのである。

ところが、なんとなくだが、前輪の転がり抵抗が大きい気がしていた。素人のハブ軸グリスアップ作業だから、そのせいかと思っていたのだ。

 

連休前にアマゾンで自転車パーツをチェックしていたら、シマノ製品はずいぶん小さな部品まで売っている。さすがシマノと思っていたら、ハブ軸まで単品で売っているのに気がついた。わずか180円。これは試してみるかと思い、気楽にポチッとしたのである。

その交換作業を連休を利用してやったわけだ。

前輪のハブから軸を引っこ抜いて、新しい軸を組み立てて、再びベアリングの鋼球に注意しながらそっと差し込んで締める、、、そんな作業である。

 

で、交換作業が終わって試乗してみたら「あっ」と声が出た。激変である。

あの前輪の微妙な抵抗感がきれいに無くなった!ペダルを踏むと、ツィーンと良い感じで走る。これだよ、これ!

 

思えば、最初にハブ軸ベアリングから鋼球がいくつか抜けた状態のままでしばらく走っていた。そのとき、軸にかすかな傷がついたか、あるいはごく微妙に曲がるかしたのだろうと思う。それが、前輪の妙な抵抗感の原因であろう。

軸交換したことで、傷のない真っ直ぐな軸がハブに通り、なめらかに回転するようになったのに違いない。

 

おかげですっかり嬉しくなったのだが、それにしても、こんな細かな部品までバラ売りしてくれているシマノもすごい会社だ。

カネがあれば株を買うのだが(苦笑)

いや、ほんとに、日本が世界に誇るメーカーである。

おかげで快適。ありがたいことですなあ。