Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

大津川を下る

スローな落車で膝の擦り傷は大したことはないが、ころんだときにアバラをハンドルに打ち付けてしまい、おかげで寝るのもアバラが痛い。

しかし、昨日は見事な秋晴れであったので、矢も盾もたまらず、自転車を車庫から出す。ちょいとアバラが痛むが、軽く流して、、、と思う。

 

まずは市川橋まで走り、そこから江戸サイを北上。流山橋から降りて、おおたかの森を経由する。

おおたかの森2022年11月

広くて気持ちが良いですねえ。

大堀川を走って、そのまま手賀沼へ。そこで握り飯の昼食をとる。

ここで、今まで走ったことのない大津川を沿って下ろうと思った。

ナビをセットして、、、アレレ、、、ナビが全然反応しない。ルートは設定成功と言っているが、、、何だこれ?中華安物ぶりを露呈するのであった。。。

しかし、川沿いに下るなら簡単なので、大津川を左に見ながら川沿いの道をたどる。

交通量の多い国道、県道を抜けると、田園地帯の谷津道が現れて、楽しみながら走る。が、、、坂道を登るとアバラが痛い、、、じつに年寄りである(泣)。

ナビが効かないので、道を探しつつのんびりと下っていたら、いつの間にか鎌ケ谷東邦病院。ここから自宅を目指す。

 

前回から、くぬぎ山の最悪の踏切を渡らずに済むルートを研究していたので、まずは六実の踏切を渡る。せまい一車線で、予想通り、交通量は少ないが、アプローチが急坂で、またアバラが痛む。

六実を抜けるのに道を探して少しウロウロ。ようやく野馬除土手を探し出し、広い車道を快走する。五香十字路を経て南下し、国分川へ。

このルートは相当に良くて、とにかく交通量が少ない。交通量が多いところは、いずれも歩道を走れるので、安全である。このルートはこれから使えそう。

途中で、農家の直売所を見つけて、うまそうなカブとブロッコリーを買った。

 

家に戻ってナビをチェックすると、大津川の途中からログが残っている。不思議である。このナビは、さらなる研究が必要であろう。

距離を見たら80kmだったが、途中で消えている部分を見ると10kmはありそうなので、結局90km走った。

アバラが痛いと泣きながらこれぐらい走るんだから、大したことがないだろう(苦笑)

 

帰宅してから、カブを出汁で軽く煮込んで食べたら、なんと旨いこと!

農家の直売所という新たな楽しみを見出した次第。

還暦前にして、まだまだ遊び回っているわけですなあ。