Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

三体Ⅱ黒暗森林

「三体Ⅱ黒暗森林」劉慈欣。

 

先日「三体Ⅰ」を読んで、SFガジェットがこれでもかとぶち撒けられた面白い話がいよいよ始まった(壮大なプロローグだ)ので、やはり続きが読みたくなってしまう。

 

地球文明よりも遥かに進んだ文明を持つ三体人は、地球侵略艦隊を進発させ、その前に「智子」と呼ぶ超次元デバイスを放った。「智子」は、三次元を超える高次元で展開したデバイスを三次元空間に折りたたんだもので、三次元では素粒子レベルの大きさしかないが、そこには地球人の科学観察を妨害する機能や会話や情景を撮影する機能まで含まれており、地球文明の素粒子レベルの進歩は止まると同時に、地球で行われていることがすべて三体人に筒抜けになってしまうことになった。

なお、三体人の宇宙艦隊も光速を超えることはできない(相対論)ので、地球に到着するまで400年かかる。地球は、400年後に宇宙人による侵略を受けることが確定した。ここまでは「三体Ⅰ」である。

 

「三体Ⅱ」では、400年後の侵略に備えて、地球人の対策がなされる。智子によってすべての情報が三体人に抜かれてしまうのだが、しかし、智子は人間のアタマの中を読むことはできない。三体人は互いにテレパシーのようなもので意志疎通をしているため、いわゆる「相手の裏をかく謀略」という文化がない。そこで、地球では「面壁者」という人物を4名指名し、彼らに可能な限りの権限を与えた。面壁者の仕事は、三対人を嵌める謀略作戦を立案することで、もちろん、誰にも謀略の内容を話してはならない。話せば智子によって相手にバレるからである。

一方、「破壁者」というものがいて、これは面壁者の謀略を看破する人である。面壁者の仕事は「誰にも見破られない謀略」で相手を騙すことであり、それが他人に見破られた時点で、三体人にもバレることになるから失敗なのだ。

こうして、工夫を凝らした謀略を面壁者たちは出すのだが、次々と破壁者に看破されてしまう。

ところが、3人の面壁者が看破されて、最後に残った一人の面壁者が成功するのだ。それはたった2つの原則「生物は自らを繁殖させようとする」と「宇宙の資源は最終的に有限である」から導き出される結論であった。。。

 

読み終わって、思わず「おおう、、、、」と唸ってしまう。

すげえな、これ。

評価は☆☆☆。

現代中国SFの到達点であろう。三体Ⅰからずっと読んで、このⅡを読み終えて本当に良かった。

大傑作。

 

しかし、である。

実は、三体Ⅲがこのあとにあるのだ。

しかも、噂では、三体Ⅲは、このⅡすら上回ってすごい、らしい!

これはたまらんではないか。

本書で、いったん物語のオチがついたような気がするのだが、いったい、この後、どうするんだろう?

というわけで、「三体Ⅲ」を読まねばならぬ。

どうやら、年末の読書が決まったようであります。