Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

思考機械の事件簿1

「思考機械の事件簿1」ジャック・フットレル

本書を買ったのには、個人的ないわくがある。
私は、あるところで短編ミステリの歴史的名作「13号独房の問題」を知った。
何人も脱出不可能と言われた刑務所の第13号独房に、ヴァン・ドーゼン教授が「不可能はない」ことを証明するために収監される。
ここから「思考力のみで脱出してみせる」と宣言した教授は、収監にあたって、3つのものを持ち込むことを条件にした。
それは歯磨き、5ドル札1枚、10ドル札2枚、靴を磨くこと。
これらのものを使うことで、教授は第13号独房から見事脱出してみせる、という話である。
これを読むために、私はすでに絶版の創元推理「思考機械」をネットの古本屋で探し出し、ウキウキと読んでいた。
おりしも雨の日で、いつも自転車通勤の私は珍しくバス利用をしていた。
で、読書に励んでいたのだが、バスの揺れはちょいと読書には厳しい。目を休めているうちに、いつしかウトウト、、、おっと、いけねえ!慌てて停留所で降りたのが運の尽き。
そう、読んでいた本を無くしてしまったのだ。

くだんの「第13号~」は読んだ。しかし、他の短編も、ホームズものとは違った忘れ得ぬ味があった。
いつしか再読を、と思っていたところに、思考機械シリーズが再編されて発売されているのを知り、本書を手にしたのだ。
嬉しさと懐かしさが2倍である。

で、20世紀初頭の短編集で、今のミステリの水準からすると、まことに古色蒼然としている。
たとえば「余分の指」
ある日、腕利きの外科医のもとに上品な婦人が現れて、自分の指を一本切断してほしいという。
外科医がみたところ、その指には何も問題がない。外科医は、健康な指を切断することはできないと断る。
すると、翌日、指に大怪我をした婦人が運ばれてくる。くだんの婦人であった。
他に措置の方法がなく、外科医は婦人の指を切断する。
で、この婦人だが、実は、ある貴婦人の遺産を狙ってその貴婦人を殺害し、自分がその夫人になりすます為だった、、、という話。
ようするに健康な指を切断しろと迫った婦人の動機が謎なのだが、こんなもの、今の読者なら誰だって「なりすまし」のためしかないじゃん、と思うだろう。
しかし、本作が上梓された当時は、こういう動機の解明は画期的だったのである。
読んでみると、ホームズ譚とやや趣が異なって、あまり見事なトリックというものが出てこない。今では、ごくありふれている。
読者が知らない抜け穴や新発明の殺人器具まで出てくる始末だ(苦笑)
しかし、これらで本書をバカにするのは大間違いである。
当時は、今のようなミステリ様式が確率していなかった。
さらに、ちゃんと短編小説として出来あがっていて、読後感がよろしい。

実は、著者のフットレルは、あのタイタニック号に乗っていた。
彼は、ボートに愛する妻を押しやり、自分は船に残って亡くなった。
彼の作品には、そんな著者の人柄が現れている気がする。
それが、爽やかな読後感につながっているのかもしれない。
「13号独房」が典型なのだが、謎の提出が大げさで解法が陳腐なところが限界なんだけど。

そういうわけで評価は☆。
なお、本書にはあの「13号独房」は収録されていない。

それにしても、少し前に読んだ本でも、こうして短編などが編集されなおして、再読してみるとまた違った味があるものである。
子供の頃は、お小遣いが乏しかったので、気に入った本を何度も読んだ。
おとなになると、アレコレと手を出すので、よほど気になった作品以外に再読をしない。
考えてみれば、もったいないことではある。
ただ、おとなになると、自分の時間に限界があることを知るので、ついつい再読よりも未読作品を読んでおきたいという気持ちが入ってしまう。
もしも、人間の寿命が無限に近いものだったら、私はいくつかの本を再読しつづけることで、かなり満足して人生を送れるような気がする。
その再読する作品群のなかに、必ずホームズ譚は入るのだ。
ミステリの草創期の作品であるのに、ちゃんと現在まで通じる構成になっているのが素晴らしいと思う。
私のミステリ好きは、結局、ホームズに始まってホームズに終わるもののような気がするのですねえ。

宣言延長

ほぼ予想通り。今月末まで、これは仕方ないでしょうなあ。

感染者は減少しつつあるわけですが、重症者の数はほぼ横ばい。このあたりが減って、医療従事者の負担を減らないと難しい。

 

しかし、こう何度も延長されると、当初の緊張感が緩むのも仕方がないと思います。

ワクチン接種が終わった人などは、「せっかく打ったんだから、そのぶん自由にしてくれないとワリが合わない」と主張しており、これがワクチンパスポートの考えなどに反映されるわけですね。

ところが、そのワクチン先進国の英国では、すでに実施していたワクチンパスポートを廃止することを発表。どうも、ワクチン接種が進んでも、デルタ株の感染は収まらない。やっぱり普通に自衛を求めないと難しいという結論らしい。

いわゆるロックダウンは行わないのですが、ソーシャルディスタンスにうがい、手洗い、マスクに戻ってくるわけです。

 

つまり、結論。

やっぱり自衛が一番大事、ということなんですなあ。

まあ、もともと出不精なタチなので、この週末もしっかりステイホームしましたが(笑)ナニも普段と変わらないのもなんだかなあ、と思う次第ですね。

ウィルス政権交代論

 

東京の感染状況は明らかにピークを越して、厚労相は今月末にも緊急事態宣言解除の基準に達するだろうと見通しを述べた。

これは良い兆しで、菅総理の最後の仕事としてヨカッタで終わるのでしょうが、やっぱりおかしいと思うのである。

検査数詐欺という話には納得できなくて、陽性率も下がってきている。ほんとうに感染状況が終息しつつあると見て良いと思う。

 

しかし、どうも気になるのは、その理由である。

はっきりいって、長期に渡る緊急事態宣言で都民の警戒心はゆるゆる。自粛も大してしていない(まあ、居酒屋は一部治外法権の上野などを例外として閉まってますが)。

なのに、なぜ、感染状況が落ち着いてしまうのか。

 

私は、どうもウィルスの政権交代のせいではないか、と思うのである。

現在の主力は、ご存知デルタ株である。

昨年の流行時は、武漢株であった。

そして、武漢とデルタの間に小休止ともいえる期間があった。

これは、武漢とデルタの政権交代期間ではないか、と思うのである。

本日も、あらたにイータ株が見つかったと発表があったが、そのほか、南米で流行中のミュー株も上陸中である。

おそらく、デルタのあとに、イータかミューか、そのあたりの後継政権(笑)が出てくるのではないか。

で、今は政権交代の期間に入るところで、そこにうまく菅内閣の交代時期が一致した、という説である。

そんなわけねーだろ、と勿論思うのですけれども、さて、どうなるか。

今後の成り行きを見守るしかありませんなあ。

 

ま、うがい手洗いマスク。自衛を手抜かりなく続けるだけですね(いまだに予約とれずワクチン未接種ですが、うちの区は23区内でいちばん感染率低いせいで割当が少ないのです)