Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

3年経っても

今年のお盆も、帰省は諦めた。 オミクロン様の猛威はすさまじく、先日、発熱外来の行列を身をもって体験したばかり。 さらには、自分もやられた可能性があり、そうならば、いまだウィルスを持っている可能性まである。 どう考えても、老母をリスクにさらすこ…

鼻炎のレーザーをためす後日編

本日、鼻炎レーザーのあと、かさぶたをとってもらう処置をした。 医者の話だと、まだ若干の出血があるそうなので、鼻血が出る場合があるとのこと。 しかし、今のところは快適で、鼻はすーっと通っている。 医者から湾曲を指摘された左が少し狭いのがよくわか…

MRIの乗り切り方

昨日は職場を早退して、半年に一度のMRI検査にいった。膵臓である。 それにしても、病院ばかり行っている。年をとったということであろう。 私は閉所恐怖症なので、MRI検査が苦手だ。 あの狭い筒の中で、ドンドンという轟音(まあ、それなりですが)に耐える…

「流」東山彰良。 直木賞受賞作品である。主人公の葉秋生は17歳の大学受験を控えた台湾人だが、祖父は大陸で国民党の兵士であり蒋介石とともに逃げてきた。一家はにぎやかにたくましく台湾で生き抜いてきたのだが、祖父のしたたかさは今でも群を抜いている…

シューマンの指

「シューマンの指」奥泉光。 鼻炎レーザー治療を受けたあとで微熱が出た。体内に火傷があるのだから、当然の反応である。大人しく医者から処方された抗生物質とタイレノールを嚥んで横になっている週末となった。そうなると、もはや読書タイムである(笑)。…

鼻炎のレーザーを試す当日編

痛みは大したことなかった。 本日の午後、予約した耳鼻科でまずはアレルギー検査の結果を教えてもらう。 なんと、6種類のアレルギーに対して陰性、つまりアレルギーはない。 じゃあ、この鼻炎はなんなんだ? 医者いわく、アレルギーがないというのは、鼻炎…

鼻炎のレーザーを試す予告編

私は子供の頃から鼻が弱い。いつも鼻水を垂らしていた。 大人になって多少マシになったものの、今でも冬はずっと鼻がつまる。 夏でも、居酒屋に入って冷たいビールを呑んでいると、鼻がつまってくるのである。すると、快適感もだいなしになる。 一昨年、脳の…

方丈記

世情はなんとなく騒然としていると思う。 国内では安倍元総理が銃撃されて死去し、コロナは蔓延している。円安は生活必需品の値上げを招いているし、携帯網は事故を起こし、電力不足にあえいでいる。 海外に目を移せば、あいかわらずロシヤの暴虐はウクライ…

バジルペーストをつくる

昨年もつくったのだが、今年もプランターのバジルを収穫して、バジルペーストをつくった。 バジルをつんで洗って乾かし、塩(ちょっと良い岩塩だと旨い)、ニンニクを二片、それにオリーブオイルをジューサーにかけるだけ。 バジルペースト2022 高級なや…

ブラッド・ブラザー

「ブラッド・ブラザー」ジャック・カーリィ。 帯には「ディーヴァー、コナリーに比肩」とある。おいおい、マジかよ!?そりゃとんでもねえことだ!と思って読み始めた。 ニューヨークで女性をターゲットにした連続殺人事件が起こる。田舎警察の刑事、ライダ…

ブッシュミルズ2011シングルモルト

昨日は近所のバーに、久しぶりに出かけた。 真夏だというのにコロナはおそるべき猛威をふるっている。まだ政府は行動制限はしない方針だが、いつ気が変わるかしれたものではない。 ならば、今のうち、、、、そういうさもしい考え方である(笑) 夏なのでまず…

宗教団体と選挙について

カルト宗教が膨大な日本国民の血と涙をカネに替えて半島に毎年百億円単位で送金する一方、与党政治家にがっちり食い込んでいることがわかって、多くの国民が驚愕していることと思う。 なんでこんなカルト宗教が宗教法人格を持って生き延びてきたか?というと…

パーフェクト・ライフ

「パーフェクト・ライフ」マイク・スチュアート。 精神科の研修医(まだ大学在籍中なので)のスコットは、病院からの帰路、ヒッチハイクの2人組の若者を乗せてやったところ、突然彼らが強盗に豹変。スコットは自動車をとられてしまったが、偶然そこに通りが…

亜米利加ニモ負ケズ

「亜米利加ニモ負ケズ」アーサー・ビナード。 私は英語が苦手である。よく言われるが「日本人は6年間も英語を習うのに道案内もできない」まさにそうである。実は、私は受験英語を得点源にしていた。理由は簡単であって、そこそこの単語力を持っていたからだ…

連休を利用してハンドル交換 ダイヤコンペ287V試用

この連休を利用して、ランドナーのハンドルバーを交換した。 土曜日は雨で夕方にはやんだので、この日は昼間は読書と昼寝、夕方から知人と駅前の「養老乃瀧」で久しぶりに呑んだ。若かりし頃は何も思わなかったが、改めて呑んでみると、養老ビールがバカにな…

泣いてるオヤジ

私のことなんですがね(苦笑)。 ワクチンの副作用に苦しむ我が愛猫。 昨日、早退して動物病院で薬をもらって愛猫に与えたところ、夜にはいつもどおり家の中を歩き始めました。 それまで部屋の片隅で、ずっとうずくまったままだったのです。 今朝、早くに起…

薬をもらいに

今日は早退して、動物病院に薬を貰いに行く。 先週、愛猫のワクチンを接種してもらったのだが、その後様子がおかしい。 ぜんぜんご飯を食べなくなった。 うちの猫は病院が嫌いだから、むくれているんだろうと思っていたのだが、ほとんど食べないのが3日も続…

若き日の忠告

都内の大学に入って、ようやくクラスメイトとも会話ができるようになった頃。 その友人に、ある日、真顔で忠告された。 「やたら”自己啓発セミナー”を勧誘してくる奴らがいるだろ?あれ、気をつけろ。 絶対についていっちゃ駄目だぞ。奴らは原理だからな」 …

サフランモドキ咲く

昨年、あいこさんに教えていただいて、ようやく名前が判明したサフランモドキ。 ガレージの縁石の隙間から、今年もひっそりと咲いていた。 ああ、そうか、暑い夏がまた、と。 1年ぶりに会うと、なんだか嬉しい。 サフランモドキ2022 それにしても、いっ…

第26回参院選雑感

事前の予想通り、自公の大勝に終わった結果となった。安倍さんの遭難があって同情票が流れたという観測もあるが、別にそれがなくても、事前調査の段階ですでに自公の単独過半数越えは明らかだった。 現在の事前調査の精度は高いですが、種明かしは簡単で、今…

自転車乗りが考える心理の陥穽

安倍元総理は多くのかたの願いも虚しく、ついに帰らぬ人となった。享年67歳。くしくも、父の安倍晋太郎氏と同じ年齢で旅立たれた。 ご冥福をお祈りします。 現場のビデオを見ましたが、凶行の当時、安倍元総理の背後はがら空きである。 普通は、SPは重要人物…

安倍元総理遭難

速報である。 安倍元総理が奈良で遭難、背後から男に2発、銃で撃たれて心肺停止の由。 テロルを許してはならない。 どんなに意見の相違があってもだ。そのために選挙がある。 安倍元総理がなんとか助かることをお祈りします。

野生はどこにいった

夏になると、にくきアイツが出てくるのですよ!黒い物体Gであります。 ふざけんなこの野郎!と、新聞などを丸めて追いかけたりする羽目になるのです。 まあ、ふだんはブラッ●●ャップなるやつをドラッグストアで買ってきて、あちこちに置いておくのが一番効く…

インディーズ政党はどこだ

私は選挙を仕事の一部にしていることもあり、選挙が好きなほうである。 特に、国政選挙のたびに出現する「インディーズ政党」を愛してやまないのである。 古くは赤尾敏氏の大日本愛国党に始まり、その後の大物としては唯一神又吉イエス氏があった。自称テロ…

台風は嫌だけど

台風4号は高知を直撃したらしい。記録的大雨が降ったそうである。 高知は毎年台風に襲われるので治水がしっかりしている県だが、それでも被害が出るというのは相当である。 もっとも、取水制限されていた早明浦ダムは貯水量が回復して、取水制限も解除にな…

KDDI障害

KDDIの障害はどうやら復旧した模様。 かなり時間がかかったのだが、想像すると、たぶん最初の障害が発生してから対応が良くなかったのだと思う。 障害対応をしていて、かえって傷を深くすることは、ままある。 現場での判断は、すべての材料を揃えてゆっくり…

午睡

休日はサイクリングに行こうとか、自転車いじりをしようとか。 色々と考えていたんだけど、あまりの暑さに熱中症で運ばれて周囲に迷惑をかけるオヤジになりそうであり、クーラーの効いた部屋で居眠りばかりした。 読書をしようとするが、すぐにウトウトして…

暑気払いに

こう暑くちゃ、やっておれん。 今日はわけのわからん昔のシステムの障害調査で、無償奉仕をしてしまった。 別に儲からないのは構わないが(それは儲かったほうがいいが、身の程を知らずに儲けると大変なことになる)暑い中でこんなことをすると、くたびれる…

6月から夏バテ

いきなり連日の猛暑、いや酷暑である。 夏が待ち遠しい、冷たいビールをごくごく飲んでやるんだ、と思っていたのだが、これじゃあビールぐらいでどうにかなる暑さではない。 東京の路上は40度近いそうである。 うっかりウロウロ歩いていると、倒れそうである…

ダイアコンペ287Vは輪行仕様ではない

本日はものすごくマニアックな自転車の話。 つまり、自転車のVブレーキをドロップハンドルで引きたいが、そのときランドナーだと?という話です。すでに、愛好家以外の人には謎でしょう(苦笑) 私はランドナーの愛好家ではありますが、私はあのカンチブレー…