Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

オーディオ

アシダ音響のヘッドフォン

アシダ音響という会社があることは知っていた。 有名な家電メーカーやオーディオメーカーとは異なるが、音楽制作現場あるいは放送局などのプロ用機器の会社である。 この手の会社はマイクロフォンとかヘッドフォンなどの小物関係に多く、私が知っているだけ…

オペアンプ沼 その4 古典に落ち着く

10日間ばかり、LF412を使った。 高音は綺麗に伸びるし、低音もバスドラやティンパニもよく再現する。じゃあ良いか、というと、ううむ、なのだ。 どうも中低音、チェロの音あたりが弱い。なんというか、中音から低音にかけて、腰がないというか、薄口である…

オペアンプ沼 その3

アナログアンプに戻って、CDプレーヤのオペアンプを換えて遊んでいる。 「良い音」というのがソースの音を細大漏らさずに再現するという意味であれば、すでにフルデジタルアンプにCDプレーヤを光出力で直結するという結論が出ている。フルデジタルは、それ自…

オールドラックスマン

フルデジタルアンプで「透明で色付けのない」音は入手できたので、もうアンプでは悩まない。 しかし、ずっと透明な音を聞いていたら、なんとなく浮気がしたくなった。 例えて言えば、水のようで、たしかに飲み飽きることはないし、いつも旨いのであるが、し…

オペアンプ交換その2

昨日は午前中は快晴かと思ったが、午後からは土砂降り。 今日は良い天気で、愛猫のひなたぼっこの番人をして過ごす。 昨日は近所のスーパーに食材買い出し、今日は近所のペットショップに愛猫の飯を買いに行っただけで、見事ステイホーム。 もともと、そんな…

moon帰る

30代、私が必死にベンチャー企業で上場を目指し、がむしゃらに働いていた頃。 取引先に佐賀県伊万里市の工房があった。 そこが作っていたのが、地元の伊万里焼で球形に仕上げたスピーカー「moon」である。 私が営業した先であり、嬉しさ半分義理半分といっ…

PANASONIC SA-XR50を入手

先日、このブログで書いたように、YAMAHAの音が聞いてみたくてヤフオクでポチッとした(笑)ところが、この業者がとんでもねークズだった。 「動作確認済」のはずが、やってきたのは電源すらマトモに入らないジャンク。「どんな動作を確認したんですか?」「…

KX-5080Sオペアンプ交換

先週は、CDプレーヤのオペアンプを交換して、すごく良い音になった。気をよくして、ほかの機器も交換してみようと。 で、最初にFMチューナーを開けてみたが、、、オペアンプが見当たらない?安物ミニコンポに、ないはずがないんだが。見つかりにくい場所にあ…

sony cdp-a39 オペアンプ交換

ミニアンプで当面の音環境を構築してから、CDプレーヤもミニサイズで揃えた。 もちろん、またまた底辺価格の中古品である(笑)。 sonyのCDP-A39という機種。 登場時でも2万円台の安物機種である。 が、これが意外に良い音がする。いつものソニー安物系の「…

ミニアンプ放浪

昨日は休日だったので、修理したsonyのTA-S2を1日中鳴らしながら、読書したり昼寝したり、猫をかまったり。まあ、猫と同じような1日を過ごしました(笑) 愛猫はすっかりゴキゲン。たまには、家族サービス?まあ、猫も家族ですのでね。 音環境を再構築して…

sonyアンプ TA-S2の修理

昨日は、中古で手に入れたsonyのアンプ、TA-S2の修理をした。 いったんオーディオを撤退したのだが、結局スピーカーで聴く音楽の魅力を再確認し(イヤフォンでは味わえません)ふたたび音環境を構築した。 しかし、昔のような重厚長大なシステムは気が重い。…