Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

結婚できない男

令和4年版男女共同参画白書から

20代の独身男性の4割が「デートの経験なし」というので話題になっている。 ちなみに、20代の既婚者は14%なので、独身者は差し引き86%である。 86%の4割が「デート経験なし」なので、単純計算して34.4%ということになる。 20代で3割4分4厘といえ…

脳には妙なクセがある

「脳には妙なクセがある」池谷裕二。 私は脳科学というのは胡散臭い疑似科学ではないか、と思っている。だって、テレビで時折拝見する「脳科学者」なる人物たち、揃って胡散臭いのであるから致し方ない。そもそも、大学で脳科学部とか脳科学科なる学部も聞い…

眞子さまご結婚

眞子さま、本日ご結婚。 もちろん、おめでたいことである。 相手のKK氏の、特に母親がかなり怪しげな人物であることで、このご結婚には多くの批判があった。 しかし、特にヤフコメ(笑)あたりのすさまじい誹謗中傷にめげずに愛を貫き通したことは素直にすご…

反出生主義

最近であるが「反出生主義」というものがあることを知った。私のような子供のいない(もてない。。。)人間にとっては、大いに頷ける説である。反出生主義は、一言でいえば「すべての誕生は悪である」という思想である。代表的な論客はデヴィッド・ベネター…

出生率向上の策

我が国の少子化は相変わらず歯止めがかからないようである。その原因も、未婚率が上昇していることと関係していることは、おおむね判明している。結婚年齢が上昇すると、その分、未婚率が上がり、生まれる子供の数も減る。つまりマクロで見れば、未婚率が上…

正常と異常

どうでもよい話をひとつ。神奈川県海老名市の市議が「同性愛は異常」だとツィートして、かなりのバッシングを受けているらしい。つい最近、渋谷区で同性愛の婚姻証明が出るようになったと話題になったばかりであり、この市議の発言は「差別」だということで…

草食系から絶食系へ

草食系男子という話が少し前に話題になった。ここのところ、さらに事態は進行して、「絶食系男子」も増えているらしい。毎日新聞に先ごろ掲載された記事である。「大学男子のセックスの経験率は,2005年の61パーセントから54パーセントへ,5人のうち3…

制度崩壊かな

先日、最高裁判所で「婚外子は嫡出子の二分の一」という現行の相続規定は違憲という判断が出た。判事14人の全員一致だそうである。私は、これは当然であろうな、と思う。なんとなれば。相続は、子どもに与えられる法的権利であるわけだが、そもそも非嫡出子…

自己評価が低い

私は、自己評価が低い。これは、今の世の中では、とてもイケナイことなのである。なにしろ、自己評価が低いということは、それだけで停滞なので、常に勝ち続けなければならない現代社会において、明らかにマイナスなのだ。自己評価が高いか低いか、それを判…

この商品名はないだろ

私愛用のセンタクキは、ナショナル(現ブランド名=パナソニック)の「愛妻号」である。こちらで社会人として一人暮らしを始めた時期に買ったので、余裕で20年以上使っているのだ。もちろん、今でも元気に動く。ちゃんと全自動である。我がセンタク生活は、…

1回でもできたほうが上

商談のついでに世間話。よくある話である。こういう場合に、政治と宗教、プロ野球の話は不適切ということになっている。仕方なくお天気の話をしたりするのだが、まさか、毎度お天気の話もできないわけで。で、話の接ぎ穂に困った相手が「ところで、ご家族は…

40過ぎて独身男のクリスマスの場合

なにを今さら、という感じではありますなぁ。夜の町に出て行って酒を飲むのもわざとらしい。だいたい、どこもかしこもカップルだらけだしね。自分の部屋で、ケーキを食うのもわびしい。だいたい、甘いものは嫌いである。で、結論。「塩辛で、日本酒をあおる…

愚問

仕事で、たまに地方出張する。すると、たいてい、地方では「嫁不足」だという。農家と長男が2大困難だそうな。これは立派な差別じゃないか、と思うのだが、結婚を強制するほうが更に人権問題としては大きいわけで。どうにもなりませんな(苦笑)で、そうい…

犬と男

40過ぎて独身を「自虐ネタ」にしている私であるが(苦笑)何度も言明しているように「結婚しない」のではない。「できない」のである。ところで。「できない」には、いろいろな意味があるのである。簡単にいえば「ええい、ままよ」と行って玉砕した場合は「…

結婚できないのは贅沢

先日、テレビを見ていたら「30代で結婚できない女性」が取り上げられていた。皆さん、なかなか美人だし、仕事もちゃんとこなしておられる。なんで相手がいないのか、不思議なくらいである。理由はいろいろあるようだ。しかし、共通しているのは「結婚したい…

格差社会というのなら。

「格差社会」なる言葉が流行中である。小泉改革の5年の間に、貧富の差が大きく開いてしまったという批判的な論調でよく使われる言葉である。私は、この議論の尻馬に乗って言うのである。つまり、格差を言うのなら、なぜ金銭ばかりを人は問題にするのであろう…

結婚できない男

「結婚できない男」というテレビドラマが話題である。実は、こっそり見ている。で、驚いている。ううむ。。。健康を気にして、コンビニで野菜ジュースを買う。たしかに!(カゴメの野菜一日これ一本を愛飲)そうめんを食べるときは、生姜はチューブでなく、…

独身税は正義でない

独身税に関して「国家による介入」だと書いたら、説明にならぬと言うご指摘を受けた。確かに、簡略化しすぎであると反省。よって、独身税が「正義にもとる」という理由を整理する。1)福祉財源問題の権利-義務関係を損なうまず、正義の基準として「権利-…

40台独身男の言い訳

久しぶりにrobita様のブログを拝見して「結婚しない40代男」について言い訳を思い立った(笑)たぶん、齢40を越えた独身男でも「結婚する気ゼロ」は、実際のところ少ないのではないか?と思う。そう、いまだ悟りに達せず(爆笑)もしできたら結婚したいと思…

帰ってきたもてない男

「帰ってきたもてない男」小谷野敦。「もてない男」という思想上の大問題(!?)を提起し、その後あろうことか結婚(!!)し、その後大方の予想通り離婚(。。。)した著者の「待望の続編」。前作よりも、さらにストレートな物言いになっており、論旨はい…

57歳一夫多妻男。

正直に言おう。いや、参りました、というのが率直な感想。なにしろ、57歳だぞ。しかも、ハ○だ。あれを見ろ。まさに「悩み無用」じゃないか。頭髪を「偽造」しなくても関係ないぞ。おまけに、職業もよくわからん。占い師?!どのみち、大して稼いじゃいない…

妾について

独身男として思うことだが、結婚できないのは仕方がないとして、妾をもつことはできるだろうか?「バカな、正妻がいないのに愛人はいないだろう、そりゃただのお付き合いじゃないか」まぁ、一般的には、ねえ。ところで、語感の問題だけど、もし「愛人」が子…

優しくてもモテません!

かつて、私の友人のモテ男が、その極意をこう披露してくれた。「あのな、おまえは優しすぎるんだ。いくらお前がお人好しだって、忙しかったり機嫌の悪いときだってあるじゃないか。すると女はな、そういうのをしっかり見てるから『ああ、この人は、本当は心…

人前結婚式について

最近、離婚が減少しているらしい。識者の解説によると、なんでも2007年度から離婚した場合、厚生年金の分割ができるそうで、それまで待機しているのだそうな。「今まで何十年もガマンしたのよっ!今さら、あと2年くらい、どうってことないわっ!」って…

身の程しらず。。。

私の周囲には、私と同年代の独身男が結構たくさんいる。かれらが、能動的な独身主義者であるとは思えない。ただ、縁がないと言う。(私も、他人から言われれば、そう答えるわけだけど)しかし、つらつら観察するのに、単に「縁」の問題でなく、本人に大きな…

結婚制度の廃止を考える

私は、かねがね「結婚制度の廃止」を考えている。もちろん、自分が相手にされない腹いせのためでもある(笑)今、男女別姓という議論がある。「夫の姓を名乗りたくない、夫の墓に入りたくない」ということである。じゃあ、妻の姓を名乗ればいいじゃないか、…

もてる男がいるせいで!

私くらいの年齢で未だに独身であれば、当然女性にふられる程度のことには慣れている。で、最近もやはりふられた(T_T)彼女と私の共通の話題が、グルメネタしかなかったもんで、文化の低い人という判断をされてしまったのである。ううむ。。。やむをえんな。何…

恋愛の体制化について

すでに、現在が「恋愛資本主義」といえる体制にはいっていることは、別に小谷野敦や本田透が指摘するまでもなく、真実である。その結果、現在では、すべての恋愛が体制化してきている、と思える。かつてに日本では、恋愛は、それ自体で反体制的な色彩をもつ…

もてない男の独立宣言-書評「電波男」

書評なんだけど、これは「結婚」カテゴリにいれるべきだろうな、やっぱり。この本は、オタクの独立宣言であろう。ここまで言い切った、その姿勢にまず拍手したい。この本は、30代半ばの(年齢=彼女いない歴の)著者が、かの「電車男」に対して「今さらな…

霊長類は例外?

さて、以前に「一般に、ほ乳類ではオスがメスを巡って争うのが普通」と書いた。ところが、ある人から「霊長類は違うのでは?」とのご指摘。で、調べてみたら。ゴリラ・・・ハーレム(一匹のオスがメスをたくさん統率)チンパンジー・・・乱婚(グループ)テ…