Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

プーリー交換

そろそろ良い季節になってきて、いよいよ自転車シーズンなのだが、なかなか出撃せずにいる。理由は単純で、おそらく年齢からくる体力の低下であろう。

ランドナーでご近所ポタリング専門を決め込むには、まだ早い。

今のうちに、もう少し、週末100kmライドくらいはできるのではないかと思う。

先日の手賀沼往復80Kmで結構くたびれているようでは、ちょいと寂しい。

 

ワンデーのサイクリングで距離を走るならロードレーサーですが、昔乗っていたが、どうも、あれは私には合わなかった。たしかに距離は走れるが、立ちゴケはするわ、あとで妙に体中が痛くなるわ、あまり楽しくなかったなあ。

で、ランドナーに戻ってしまったのである。

 

そのランドナーも、ここのところ、すっかり通勤専用自転車と化しているので、まったくメンテもしていない。

シーズン前にメンテし、ついでに少し走りを軽くできないかと考えた。

もっともお手軽な手段は「プーリー交換」であるという。

リアディレイラーのプーリーは、廉価版ではブッシュロッドいわゆる「平軸受」なのだが、シマノデュラエースアルテグラグレードだと「ベアリング軸受」になるという。軸受の抵抗が軽くなるはずである。

私のランドナーディレイラーは8Sの廉価版クラリスだから、アルテグラで充分だろうと思った。

で、わずか1700円のパーツをポチって、週末に交換。

古いプーリーを外してみたら、なんと、へんな糸のようなものがびっしりと絡みついていた。漕ぎが重くなるはずである。

ついでに、リアハブのグリスアップも行った。

 

さて、作業を終えて乗ってみると、、、ううん、これは軽い!

新車の当時、たぶん、これぐらい軽かったと思う。

2年前に完組ホイールを履き替えてから、初めてグリスアップを行ったのだが、回転がガジガジだったので、玉押しを「ちょっとゴリゴリしはじめる」くらいに調整したのが大きいと思う。

しかし、プーリーも少し利いているんじゃないかなあ。

なんだか、久しぶりに意欲が出た次第。

自分も、もう還暦が近くなった。

もう少し、乗らせて欲しいと神様に祈っている次第ですね。