Single40'S diary

「40過ぎて独身で」の作者が、あっというまに50代を迎えたブログ

幕張の浜へ

土曜日は、梅雨が一転して朝からかんかん照りの快晴になった。

これは自転車だと思い、布団を干してから(愛猫が喜ぶので)出発。

暑いから海にしようと思い、先週行った三番瀬からちょいと足を伸ばして「幕張の浜」まで行ってみることにした。

埼玉は赤羽時代にかなり走ったが、千葉方面はあまり開拓していない。

いつまで走れるかわからないが、もう少し走りたいという気持ちが出た。古くなった自転車を手入れして、エンド修正をしてもらって漕ぎやすくなったり、タイヤを交換して走りが軽くなったのと関係している。

 

さて、ルートは三番瀬から帰路に発見したもので、まずは江戸サイの水門経由して新行徳橋を渡り、そこから県道を走って原木中山を通り過ぎる。そこから工場の中を突っ切って高架下を渡り(ここが激セマ)千葉街道に出てから船橋橋を右折して海寄りに南下した。

あとは埋立地コストコだのケーズデンキだのをかすめて工場街の中を走り、うろうろしながら千葉マリーンズ球場をかすめて幕張の浜に出た。

幕張の浜2022年6月

こう書くといかにも迷いなく快走したぽいが、実際は初めて走るルートでも有り、最初は市川南インターから回ろうとしてルートがなく、やむなく北上して原木中山にルートを取り直したり、埋立地の中では位置関係がわからず、幕張メッセの横まで出るのに右折しまくっていたりする。地図アプリみてても、にらみながら走るわけじゃないので、どうしても曲がり角をひとつ間違えたりはする。

幕張の浜についたのが12時半だったので、自宅から2時間かかった。

そこでいつものようにおにぎりを二個くって昼食。

ついでに、花見川サイクリングロードを走ろうかと思ったが、うろうろしまくったのでくたびれており、大人しく帰路につくことにした。

帰りは花見川から千葉街道に出て、まっすぐ千葉街道を辿って市川橋まで戻る。

3時前には家について、あとは音楽を聴きつつ、愛猫とのんびり昼寝をした。

距離は大したことはなくて65KM。

 

千葉街道は走って面白くはないが、なんとか走れるというレベル。自転車で走って快適な道ではないが我慢して、、、というのも、千葉方面はほんとに他にルートがないからである。

私があまり千葉方面を開拓しない理由である。

幕張インターなんか、自転車にとってはひどいしね。横から高速合流の車がくるんだから、どうしようもない。

回避する道を開拓できなければ、それでもそこを走るしかないのが実情。

 

帰路は最後、ちょっと腰が痛くなってしまった。ま、五十肩もですがね(苦笑)

この腰痛がしつこいのが弱点で、私がロングライドをしづらくなった原因である。

還暦近くなると、あちこちが痛いのは仕方がないんでしょうなあ。

それでも、体が動くうちには走りたいと思う。

まだ走れることに感謝しつつ。